動画広告の効果

動画広告にもいろいろな種類があるのですが、SNSや動画サイトなどでは、テレビのコマーシャルと同じぐらいの効果があると言っても過言ではありません。このような動画というのは、通常広告を記載したいと希望する企業が、広告動画制作会社に依頼して作ってもらうのです。動画広告の制作会社は、企業から広告作成の依頼を受けて経営していると言えるでしょう。

制作してもらった動画を、動画サイトやSNSなどに記載するために、今度は使用料をもらってサイト側が記載しているのです。だからこそ動画サイトやSNSなどは、無料で使用することができますし、動画サイトなどは広告の閲覧数に応じて、お金をもらえるシステムを導入しているのです。しかし、動画サイトでは広告表示をあまりよく思っていない人が多いのですが、SNSではそれほど不快に思う人はいません。

なぜなら他の書き込みを閲覧するための邪魔にならないからです。動画サイトでは強制表示をすることで、現在閲覧している動画の邪魔をしてしまうのですが、SNSでは邪魔をしません。だからこそ広告をきちんと見てくれる人も多いので、効果的だと言えるでしょう。特にフェイスブックでは広告の成果がしっかりと出ることが多いので、最近では広告導入が増えているのです。

動画広告の種類

SNSでよく使用されている動画の種類というのはたくさんあります。もちろん一般的な企業や商店の紹介がメインとなっているのですが、それだけではありません。場合によってはイベントなどの告知を行うのにも使用されていますし、会社自体を紹介する場合もあれば、会社で取り扱っているブランド商品を紹介するために用いられている場合もあるのです。

動画を用いる場合には、それほど長い時間かけない方がよいでしょう。制作会社に依頼する場合には、当然時間が長ければ長いほど料金が高くなります。しかもあまり長いと見て
くれる人の数も減るでしょう。大体30秒前後の尺が最もよく伝わりやすく、最もよく見てくれると言っても過言ではありません。もちろんもっと短くてもよいのですが、あまり短いと伝えたいことが伝わらなくなることもあるのです。

最近はアプリやゲームなどの広告に動画を使用することもありますし、SNSの中で話題に上がることも多いと言えるでしょう。興味のない広告は大半がスルーされてしまうのですが、興味のある広告であれば、見てくれる人の数も増えます。そのため、どのような書き込みをしているのかによって、表示される広告の種類を変えて表示することも多いと言えるでしょう。