SNSの広告動画

現在ではSNSと呼ばれているソーシャルネットワークサービスの利用者がとても多くなっています。よく知られているのはツイッターやフェイスブックでしょう。他にもスマートフォンが普及したことで、ラインを利用する人がかなり増えている状態です。もちろん他にもいろいろなSNSが存在しているのですが、SNSには広告動画がよく用いられているのは知っているでしょう。以前はバナー広告が一般的で、動画を用いる傾向は少なかったのです。

なぜなら容量が大きいからなのですが、現在ではいろいろなサイトで動画の閲覧ができますし、気軽に投稿できるようになっていることから、広告収入を高めるために、テレビコマーシャルのような広告動画が用いられるようになってきました。動画サイトでは強制的に表示されるので、普通のバナー広告であっても一部が見えなくなるため、不快に感じる人がいるでしょう。場合によっては、せっかく動画を見ているときに何で画面が切り替わるんだと思う人もいます。

しかし、SNSであれば簡単にスルーすることもできますし、最初は音声がミュートになっているので、動画サイトほど不快に感じる人は少ないでしょう。そのため、閲覧してくれる人の数も多くなっているのです。よく知られている大手企業の広告が多くなっているのですが、基本的にはどこの企業であっても広告を出すことは可能になります。当サイトではSNSに表示される広告動画について、製作業者などについていろいろと見ていきたいと思います。